対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » オフィスデザイン事例を場所・業種・要望・目的から探す » 【要望】自慢したくなるかっこいい
オフィスのデザイン事例

【要望】自慢したくなるかっこいい
オフィスのデザイン事例

オフィスがかっこいいデザインに変わると、社員はテンションが上がり仕事への意欲が増します。会社に行きたい気持ちが強くなり、その結果離職率の減少が期待できます。ここでは3つの自慢したくなるかっこいいオフィスのデザイン事例3つをご紹介します。

ユニオンテックが手掛けるオフィスデザイン事例

ソウルドアウト株式会社の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/
ソウルドアウト株式会社の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/
ソウルドアウト株式会社の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/
ソウルドアウト株式会社の事例
ソウルドアウト株式会社の事例
ソウルドアウト株式会社の事例

地方や中小企業・ベンチャー企業に特化したWebマーケティング支援を行うソウルドアウト株式会社のオフィス新装プロジェクトです。「仕事をしに行く場所」から「社員一人ひとりの専門性をより一層高め、互いに発揮し合う場所へ」という考え方のもと、高い専門性と多様な得意分野を兼ね備えた人財同士が共創しやすい環境づくりを行いました。自己啓発や学習の場としてもオフィスを活用できるよう、様々な仕掛けを取り入れています。社員が社内外含めて安全にコミュニケーションをとることができるように、サロンスペースやセミナールームは開放的な空間設計にしました。

TRUST(トラスト)が手掛けるオフィスデザイン事例

株式会社影山鉄工所/アイアンプラネットベースオブ沼津の事例引用元:TRUST公式HP
https://ideal-office.jp/works/3219
株式会社影山鉄工所/アイアンプラネットベースオブ沼津の事例引用元:TRUST公式HP
https://ideal-office.jp/works/3219
株式会社影山鉄工所/アイアンプラネットベースオブ沼津の事例引用元:TRUST公式HP
https://ideal-office.jp/works/3219
株式会社影山鉄工所/アイアンプラネットベースオブ沼津の事例
株式会社影山鉄工所/アイアンプラネットベースオブ沼津の事例
株式会社影山鉄工所/アイアンプラネットベースオブ沼津の事例

静岡県で鉄骨工事事業を展開している「株式会社影山鉄工所」の全面リニューアル事例です。コンセプトは溶接で生まれる火花のように情熱や想いが交錯する空間。仕事内容によって自由に働く場所を選べる「ABW (Activity Based Working )」を導入し、仕事の効率化や良好なコミュニケーションが生まれる仕掛けをつくりました。3Kのイメージが根強い鉄工所とは思えないおしゃれな内装で、まるで都内のハイセンスなコワーキングスペースのようです。

リリカラが手掛けるオフィスデザイン事例

サッポロビール株式会社の事例引用元:リリカラ公式HP
https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2507
サッポロビール株式会社の事例引用元:リリカラ公式HP
https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2507
サッポロビール株式会社の事例引用元:リリカラ公式HP
https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2507
サッポロビール株式会社の事例
サッポロビール株式会社の事例
サッポロビール株式会社の事例

サッポロビール株式会社のオフィス移転事例。同社は「新しい楽しさ・豊かさをお客様に発見していただけるモノ造りを」を経営理念に新しいお酒のカタチを切り拓いています。オフィスデザインのメインテーマは、ブランドイメージを訴求できるプレゼンテーションルームを設けること。そのため壁に本物のレンガを用いるなど、プレゼンテーションルームは妥協することなく細部までこだわりを尽くしました。また利用シーンに合わせて空間の広さを変更できるように、可動式の間仕切りを設置。執務室は、働き方が多様化した社員に合わせて、業務の目的や気分に合わせて自由に利用できる空間づくりを行いました。その結果、プレゼンテーションルームでは今まで以上にお客様の記憶に残る体験ができるように。多種多様な働き方が実現できる執務エリアでは、業務目的や気分に合わせて場所を変えることでワーカーの力を最大限に発揮できるようになりました。環境が変わることでワーカー同士の交流も増え、互いに力を引き出し合う機会も増えました。

自慢したくなるかっこいいオフィスの
デザインに変えることで期待できること

思わず自慢したくなるかっこいいオフィスは、従業員満足度が上がるため離職率が減少し、来客から好印象を得られます。仕事内容に合わせて働く場所や机などを選べる「ABW (Activity Based Working )」を導入すると、おしゃれで働きやすい職場環境になり、仕事の効率化・コミュニケーションの活性化が期待できます。

思わず自慢したくなるかっこいいオフィスデザインを取り入れたい方には、オフィスデザインのプロに依頼することをおすすめします。オフィスデザインに関する専門知識がないと、自社の問題を解決できるオフィスデザインにならない可能性があるからです。

とは言えたくさんある東京のオフィスデザイン会社から自社に合った1社を見つけるのは難しいですよね。そこでオフィス移転を経験したことがあるZenken編集チームが、対応力と結果が分かる創業20年以上のオフィスデザイン会社を厳選して紹介します。オフィス移転をお考えの方はぜひTOPページもご覧ください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選