対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » オフィスデザイン事例を場所・業種・要望・目的から探す » 【要望】遊び心がある面白い
オフィスのデザイン事例

【要望】遊び心がある面白い
オフィスのデザイン事例

遊び心のあるデザインは社員の好奇心を刺激し、新しいアイデアが生まれやすくなります。ここではクリエイティブ企業のオフィスデザイン事例3つについてご紹介します。

ユニオンテックのオフィスデザイン事例

某リペアサービス会社の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/uncategorized/12859/
某リペアサービス会社の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/uncategorized/12859/
某リペアサービス会社の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/uncategorized/12859/
某リペアサービス会社の事例
某リペアサービス会社の事例
某リペアサービス会社の事例

水まわりのリペアサービスを提供する某会社のオフィス新装事例。ブランコのチェアや三角形の執務デスクなど、ちょっとした遊び心を取り入れました。また壁などの目線をさえぎってしまう隔たりをなくし、メンバー同士の偶発的なコミュニケーションが自然に発生するようなつくりに。社員一人ひとりの魅力が混ざり合い、新たなイノベーションが生まれる空間を目指しています。

ヒトカラメディアのオフィスデザイン事例

AIQ株式会社の事例引用元:ヒトカラメディア公式HP
https://hitokara.co.jp/portfolio/AIQ-2021
AIQ株式会社の事例引用元:ヒトカラメディア公式HP
https://hitokara.co.jp/portfolio/AIQ-2021
AIQ株式会社の事例引用元:ヒトカラメディア公式HP
https://hitokara.co.jp/portfolio/AIQ-2021
AIQ株式会社の事例
AIQ株式会社の事例
AIQ株式会社の事例

AIを始めとする技術によるヒトのINSIDEを可視化、可能性を拡張するサービスの提供と技術開発支援を行う、AIQ株式会社のオフィスデザイン事例です。テーマは、誰もが主人公になり挑戦を楽しめるオフィス。オフィス移転を機にアウター/インナーブランディングを再設計。社員の好奇心を掻き立て熱量や探究心を結集、さらにはエネルギーを放出できる「ステージ」を中心としたデザインに落とし込みました。また、オフィス移転に合わせて、説明会を兼ねたワークショップを開催。新オフィスの運用スタートに合わせて、社員全員が新たな気持ちで働ける環境作りを実現しました。

エイケーのオフィスデザイン事例

株式会社LIGの事例引用元:エイケー公式HP
https://www.ak-co.jp/project/1098/
株式会社LIGの事例引用元:エイケー公式HP
https://www.ak-co.jp/project/1098/
株式会社LIGの事例引用元:エイケー公式HP
https://www.ak-co.jp/project/1098/
株式会社LIGの事例
株式会社LIGの事例
株式会社LIGの事例

Web制作・企画・運営会社「株式会社LIG」のオフィスデザイン事例。テーマは、仕事と暮らしが緩やかに繋がる“Life is Good”な場所。多種多様なものやことを受け入れることができる大きな器をつくるというコンセプトで、新オフィスを設計していきました。遊ぶように仕事をすること=「Life is Good」という企業理念が様々なところで垣間見れる新オフィスが誕生しました。

遊び心がある面白いオフィス
デザインによって期待できること

クリエイティブな発想を生み出すには、遊び心のあるデザインが効果的です。その会社のコーポレートカラーやテーマも取り入れたデザインにすることで、統一感のある空間になります。社員が働きやすい執務室や会議室、動線をつくることも大事です。

新しいアイデアを生み出すのに適している、遊び心のあるオフィスデザインに変えたい方には、オフィスデザインのプロに依頼することをおすすめします。オフィスデザインに関する専門知識がないと、自社の問題を解決できるオフィスデザインにならない可能性があるからです。

とは言えたくさんある東京のオフィスデザイン会社から自社に合った1社を見つけるのは難しいですよね。そこでオフィス移転を経験したことがあるZenken編集チームが、結果と対応力がわかる創業20年以上のオフィスデザイン会社を厳選して紹介します。オフィス移転をお考えの方はぜひTOPページもご覧ください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選