対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » オフィスデザイン事例を場所・業種・要望・目的から探す » 【要望】スタイリッシュな海外風
オフィスのデザイン事例

【要望】スタイリッシュな海外風
オフィスのデザイン事例

非日常を感じさせるスタイリッシュな海外風オフィスのデザインは、社員の仕事への意欲を高めてくれます。ここではスタイリッシュな海外風オフィスのデザイン事例3つをご紹介します。

ナイテックスが手掛けるオフィスデザイン事例

RUIFAN JAPANの事例

引用元:ナイテックス公式HP https://www.nebic.net/example/33.html

RUIFAN JAPANの事例。黒を基調としたライブハウス風のインテリアで、色とりどりの光が放つショールームのような雰囲気です。非日常を感じさせる、スタイリッシュなオフィスです。

TRUST(トラスト)が手掛けるオフィスデザイン事例

株式会社H2の事例引用元:TRUST公式HP
https://ideal-office.jp/works/635
株式会社H2の事例引用元:TRUST公式HP
https://ideal-office.jp/works/635
株式会社H2の事例引用元:TRUST公式HP
https://ideal-office.jp/works/635
株式会社H2の事例
株式会社H2の事例
株式会社H2の事例

HUMAN×HAPPYの考えのもと、主事業である通信事業の枠を超えて新たな事業の実現に取り組んでいる株式会社H2の本社拡張移転事例です。テーマは『成長に合わせ、変化するオフィス』。成長に応じてレイアウトや席数を変更できるように、可変性のある什器をセレクト。また若年層に人気のあるあえて天井をつくらない「スケルトン天井」や、古材加工された壁をつくることで、グリーンが映える開放的な空間にしました。照明にはイスラエルの有名デザイナーロン・ジラッド氏デザインのディアインゴのシャンデリア二台を配灯したことで アイキャッチ的存在に。エントランス近くに MTGスペースやリフレッシュスペースを配置し「インパクト」と「透明性」を表現しました。

アーバンプランが手掛けるオフィスデザイン事例

株式会社Ristの事例引用元:アーバンプラン公式HP
https://urban-plan.com/works/rist.html
株式会社Ristの事例引用元:アーバンプラン公式HP
https://urban-plan.com/works/rist.html
株式会社Ristの事例引用元:アーバンプラン公式HP
https://urban-plan.com/works/rist.html
株式会社Ristの事例
株式会社Ristの事例
株式会社Ristの事例

画像・動画解析のAIを開発している株式会社Ristのオフィスデザイン事例です。テーマは、"Stay Creative Be Free"アイディアを生み出す自由な空間。「オフィス環境は会社からのメッセージ」という考えのもと、クリエイティブな空間づくりを目指しました。京都タワーや東山が一望できるオフィス立地を生かし、眺望の良い方向に執務室のデスクやカウンターを設置。フリーデスクを多く用意し、大人数でのセミナーにも対応できる自由でフレキシブルなデスク配置にしています。さらに、アイディア発信を促すリラックス空間にするべく、ハンモックやバランスボールを用意しました。シックな色とビビッドな色を効果的に組み合わせ、場所ごとに飽きない空間を演出。チャットルームにはYogiboクッションを使い、仮眠室兼用ルームを2部屋配置しました。

スタイリッシュな海外風オフィスの
デザインに変えることで期待できること

おしゃれでセンスのいいオフィスは、社員のテンションが上がり快適に働くことができます。自然とモチベーションがアップし、会社全体の生産性の向上に繋がるでしょう。またフリーアドレスを導入したりラウンジを設けたりすることで、社員同士のコミュニケーションも活性化します。

若い社員のやる気を引き出すスタイリッシュな海外風オフィスデザインを取り入れたい方には、オフィスデザインのプロに依頼することをおすすめします。オフィスデザインに関する専門知識がないと、自社の問題を解決できるオフィスデザインにならない可能性があるからです。

とは言えたくさんある東京のオフィスデザイン会社から自社に合った1社を見つけるのは難しいですよね。そこでオフィス移転を経験したことがあるZenken編集チームが、対応力と結果が分かる創業20年以上のオフィスデザイン会社を厳選して紹介します。オフィス移転をお考えの方はぜひTOPページもご覧ください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選