対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » 真似したくなる大手企業のオフィスデザイン事例 » 株式会社バンダイナムコエンターテインメント

株式会社バンダイナムコエンターテインメント

ここでは、株式会社バンダイナムコエンターテイメントのオフィスデザインの事例を紹介していきます。どのようなスペースを設けるべきか、オープンスペースを設ける必要はあるのか、オフィスデザインでお悩みの企業はぜひ参考にしてみてください。

株式会社バンダイナムコエンターテインメントとは

株式会社バンダイナムコエンターテイメントは、ネットワークコンテンツ・家庭用ゲーム・ライフエンターテイメントなどの分野でさまざまな商品・サービスを世界に向けて提供している総合エンターテイメント企業です。有名なゲーム事業はもちろんのこと、音楽事業やスポーツ事業といった新規事業にも挑戦しています。

「長く深く遊べる良質なコンテンツ」「多彩なエンターテイメント」で世界のファンの皆様の期待を超える、という基本方針を掲げています。さらに2022年4月からのは新中期ビジョン「Connect with Fans」を掲げて、IPを軸にしながら世界中のファンとつながることを目指して新しい仕組みの開発にも取り組んでいます。

株式会社バンダイナムコエンターテインメントのオフィスデザイン事例

バンダイナムコエンターテインメントオフィスデザインの事例引用元:FAnFAre
https://funfare.bandainamcoent.co.jp/868/
バンダイナムコエンターテインメントオフィスデザインの事例引用元:FAnFAre
https://funfare.bandainamcoent.co.jp/868/
バンダイナムコエンターテインメントオフィスデザインの事例引用元:FAnFAre
https://funfare.bandainamcoent.co.jp/868/
バンダイナムコエンターテインメントオフィスデザインの事例
バンダイナムコエンターテインメントオフィスデザインの事例
バンダイナムコエンターテインメントオフィスデザインの事例

株式会社バンダイナムコエンターテイメントでは多くの社員が日々新しいアソビを生み出すことができるように、コワーキングスペース「LIVE-RALLY」を設けています。中は広々としていて開放的な空間です。さらに各エリアにはエンタメ企業ならではのアソビ心を随所に盛り込んでいます。

スペースは6つのエリアに分けられています。

~サクッとコミュニケーション~
【OPEN MEETING AREA】
さっと来てさっと打ち合わせができるスペース。日常的な打ち合わせに使いやすいです。

~リラックス&リフレッシュ~
【FREE SPACE】
アウトドアチェアやハンモックが設置されており、リラックスできるスペースとして活用できます。

~みんなでアソべる学べるマルチな広場~
【LIVE-RALLY SQUARE】
社内交流会や講演会などで利用できるオープンスペースです。スクリーンや音響を完備し、レイアウトも変更できるのが特徴です。

~しっかりミーティング~
【SEMI CLOSED MEETING AREA】
ブース型のソファーを設置し、周りの目を気にせず落ち着いてミーティングができます。

~自分がアソんでみる~
【GAME AREA】
巨大なモニターでゲームが楽しめるソファーを用意。開発にもコミュニケーションにも役立つエリアです。

~PAC-MANの会議室~
【MEETING AREA】
クローズドな打ち合わせに適した会議室です。壁面にはパックマンがデザインされており、会議室にもアソビ心をプラスしています。

さらに、コワーキングスペース全体を束ねるのが、コンシェルジュカウンターです。社員が自由に利用できる環境でありながらも、しっかりと適した利用ができるようにサポートするため、総務部スタッフが駐在しています。

株式会社バンダイナムコエンターテインメントの反応

一度使ってみると、また使いたいとリピーターになる社員が多く、コワーキングスペースは社内でも大変好評であるとのこと。社内だけでなく社外とのコミュニケーションの活性化にもつながるように、工夫して活用しているようです。

事例から東京のオフィスデザイン会社を選ぶ

オフィスデザインは、誰がどのような目的で使用するかを考えて決める必要があります。結果や対応力が分かるオフィスデザイン会社を選定しましたので、ぜひチェックしてみてください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

東京のオフィスデザイン会社一覧
から選ぶ

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選