対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » 真似したくなる大手企業のオフィスデザイン事例 » freee株式会社

freee株式会社

ここでは、freee株式会社のオフィスデザインの事例を紹介しています。これからオフィスデザインを検討したい企業やレイアウトで悩んでいる企業はぜひ参考にしてください。

freee株式会社とは

freee株式会社は、2012年に設立した会社です。freee会計・freee人事労務・freee会社設立、freee開業などさまざまなサービスを提供。ムーブメントで世界を変えることを目標として、常に新たしい挑戦を続けています。世界レベルのクオリティでサービスを提供するべく、技術とサービスの質を磨いています。

2022年には五反田にあったオフィスを大崎へ拡大移転。行きたくなるオフィスを目指し、働きやすさはもちろんのこと、従業員同士の偶発的な出会いや話題を生む仕掛けを取り入れ、急拡大している組織に対応しながらさらなる成長を目標としています。

freee株式会社のオフィスデザイン事例

freee株式会社の事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=995
freee株式会社の事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=995
freee株式会社の事例引用元:freee株式会社公式HP
https://corp.freee.co.jp/news/20220920freee_office.html
freee株式会社の事例引用元:freee株式会社公式HP
https://corp.freee.co.jp/news/20220920freee_office.html
freee株式会社の事例
freee株式会社の事例
freee株式会社の事例
freee株式会社の事例

freee株式会社では、2020年3月に全社一斉リモートワークを行い、社内の会議や全社集会、取引先との打ち合わせやセミナーなどをオンライン中心に開催してきました。コロナ渦でもfreeeのサービスを利用する人は増加し、従業員数は約2倍に。急拡大している組織を活性化し続けるためには、従業員がオフィスに集まってコミュニケーションをとれるようにしなくてはならない、という思いで2022年にオフィスを拡大移転しました。

新オフィスの特徴は「社員が行きたくなるオフィス」です。「たのしさダイバーシティ」コンセプトとして、イノベーションの創出・社員の一体感・カルチャーづくりを目的として、出会いや交流を活性化させる仕組みを取り入れました。ワークスペースは、1人分の席をきちんと確保することを大事にし、全社員に固定席を用意し、ワークスペースを通る動線にはリフレッシュスペースやコンセプト会議室を設置しています。

コンセプト会議室は計12室あり、駄菓子が食べられる、調理機器が揃っている、つばめグッズが揃っているなど、それぞれ趣向を凝らした会議室です。フリースペースもフロアごとに用意されており、それぞれがお気に入りの場所を見つけられるでしょう。社員全員が気兼ねなくオフィスに出社できるように配慮しています。

freee株式会社の反応

Freee株式会社は行きたくなるオフィスを叶えるために、新オフィス移転の決定に伴い、社内SNSで社員からアイデアを募集。実際に寄せられたアイデアを形にしたことで、社員がワクワクした気持ちで出社できるようになり、出社率もアップしています。

事例から東京のオフィスデザイン会社を選ぶ

オフィスデザインは、誰がどのような目的で使用するかを考えて決める必要があります。結果や対応力がわかるオフィスデザイン会社を選定しましたので、ぜひチェックしてみてください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

東京のオフィスデザイン会社一覧
から選ぶ

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選