対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » 真似したくなる大手企業のオフィスデザイン事例 » 株式会社JR東日本商事

株式会社JR東日本商事

ここでは、株式会社JR東日本商事のオフィスデザインの事例を紹介しています。オフィスデザインで悩んでいる企業やどんなレイアウトが働きやすさにつながるか検討している企業は、ぜひ参考にしてください。

株式会社JR東日本商事とは

株式会社JR東日本商事は、鉄道資材・ビジネスソリューション・コンシューマー商品・保険代理店など、多彩な事業を展開している会社です。それぞれの事業内容は以下の通りです。

鉄道資材事業

鉄道会社の調達部門として、究極の安全の追求し、高品質で安価、かつ十分なアフターケアが行われる製品を適した時期に調達します。またJR東日本グループのバイイングパワーを活かして、確かな技術をベースとした鉄道資材を工事会社や鉄道事業者、車両製造メーカーにも販売。近年では海外市場向けに、海外鉄道事業者のニーズに沿った提案も行っています。

ビジネスソリューション事業

JR東日本グループで培った多彩なビジネスソリューションを、グループ外のお客様に展開。リースやレンタルからAI・ロボティクスなどを活用したあらゆるビジネスの革新を目指します。

コンシューマー商品事業

アンテナショップを活用したマーケティングで、変化するニーズに応える品質の高い商品を仕入・開発。それらを日本のみならず世界へ発信して販売します。取り扱っている商品は鉄道グッズや地産品まで多岐にわたります。

保険代理店事業

JR東日本グループの基幹保険代理店として、個人から法人まで国内外問わず提供。ニーズに合わせた保険制度の提案から構築までを行っています。

株式会社JR東日本商事のオフィスデザイン事例

株式会社JR東日本商事の事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=875
株式会社JR東日本商事の事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=875
株式会社JR東日本商事の事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=875
株式会社JR東日本商事の事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=875
株式会社JR東日本商事の事例
株式会社JR東日本商事の事例
株式会社JR東日本商事の事例
株式会社JR東日本商事の事例

株式会社JR東日本商事のオフィスのコンセプトは「つながり」です。できる限り壁や衝立をなくして、コミュニケーションのとりやすさを重視しています。また緑や木といった素材をモチーフとして、みんなが穏やかな気持ちで気持ちよく過ごせるオフィスを意識したデザインです。エントランスは大胆に天井を抜くことで広さを感じられます。壁は曲線にすることで、柔らかを演出。シンボルグリーンは一目見ると記憶に残るような意匠です。

ワークスペースに関しては、固定席が必要な部署以外はフリーアドレスを導入。スタンディングテーブルや集中スペースなど、さまざまな空間を作っています。仕事の内容に合わせて時間と場所を決め、時間と場所にとらわれることのない働き方が叶えられるでしょう。

さらに社員がほっと一息つけるように、コーヒーブレイクができるカフェスペースも設けています。社内の打合せや休憩に、イベントの開催になどさまざまな使い方ができます。

株式会社JR東日本商事の反応

株式会社JR東日本商事のオフィスは働く人々だけでなく、来客や取引先など来訪した人々の記憶に残るデザイン性の高さが特徴です。フリーアドレスを導入した部署に関しては、仕事内容だけでなく気分に合わせて働く場所を選べることで、社員1人ひとりが気持ちを切り替え、集中して業務が行えます。

事例から東京のオフィスデザイン会社を選ぶ

オフィスデザインは、誰がどのような目的で使用するかを考えて決める必要があります。結果や対応力がわかるオフィスデザイン会社を選定しましたので、ぜひチェックしてみてください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

東京のオフィスデザイン会社一覧
から選ぶ

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選