対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » 真似したくなる大手企業のオフィスデザイン事例 » 株式会社PR TIMES

株式会社PR TIMES

ここでは、株式会社PR TIMESのオフィスデザインの事例を紹介しています。オフィスデザインで悩んでいる企業、どんなレイアウトにすると働きやすさにつながるのか検討している企業は、ぜひ参考にしてください。

株式会社PR TIMESとは

株式会社PR TIMESは、「行動者初の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」というミッションを叶えるために事業を展開している企業です。プレスリリース・ニュースリリース配信サービス事業を行っています。メディア(記者)や生活者によく活用されているプレスリリース配信サービスです。

PR TIMESが選ばれる理由は、5つあります(※2023年7月時点で公式HPに掲載されていた情報)。

※参照元:株式会社PR TIMES 公式HP(https://prtimes.jp/service/)

また無料のプレスリリース勉強会、セミナーなどを開催しており、プレスリリースを配信してみたいけれどつくるのが難しい…サービスを使ってみたけれどあまり効果が感じられなかった…というような企業をしっかりサポート。2018年からはPR TIMES カレッジとして学びとつながりの場を設け、交流できるコミュニティイベントも実施しています。

株式会社PR TIMESのオフィスデザイン事例

株式会社PR TIMESの事例1引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=933
株式会社PR TIMESの事例2引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=933
株式会社PR TIMESの事例3引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=933
株式会社PR TIMESの事例4引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=933
株式会社PR TIMESの事例
株式会社PR TIMESの事例
株式会社PR TIMESの事例
株式会社PR TIMESの事例

株式会社PR TIMESが2022年2月14日に移転して、営業開始をした本社の新オフィスは、3つのテーマ(「オープン&フラット」「共感醸成」「健康」)から構成されています。またBASE・TOWN・PARKの3エリアが設計され、経営資源として重要な「共感」をはぐくむために、対面でのコミュニケーションを重視しているのが特徴です。

オフィスはフリーアドレスが主流となりつつある現代において、あえて固定席を用意して従業員が自分自身のスペースをしっかりと確保できる環境を整えています。またABWの考えに基づいて、業務内容に合わせてワークスペースを選択することもでき、自立と対面による共感の両立を叶えました。

株式会社PR TIMESの反応

社員1人ひとりが自分の場所を確保しながらも、業務内容に合わせて自由に働く場所を選ぶことができる環境が特徴です。オープンな会議スペースや打ち合わせのできる空間を数多く設けており、社員同士の対話の機会が自然と増加し、コミュニケーションがとりやすいです。

事例から東京のオフィスデザイン会社を選ぶ

オフィスデザインは、誰がどのような目的で使用するかを考えて決める必要があります。結果や対応力がわかるオフィスデザイン会社を選定しましたので、ぜひチェックしてみてください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

東京のオフィスデザイン会社一覧
から選ぶ

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選