対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » オフィスデザイン事例を場所・業種・要望・目的から探す » 【目的】ABWを取り入れた生産性向上
オフィスのデザイン事例

【目的】ABWを取り入れた生産性向上
オフィスのデザイン事例

生産性が向上しない、社員のやる気を引き出せないと頭を抱えてはいませんか。いくら作業を効率化しても、生産性が頭打ちになるケースは決して少なくありません。ここでは、ABWを取り入れたオフィスデザインの事例を紹介していきます。働く場所や時間にとらわれないABWを導入して、社員のやる気を引き出せる環境づくりをしませんか。

ユニオンテックのオフィスデザイン事例

img01引用元:ユニオンテック
https://www.ut-space.jp/office/uncategorized/12908/
img02引用元:ユニオンテック
https://www.ut-space.jp/office/uncategorized/12908/
img03引用元:ユニオンテック
https://www.ut-space.jp/office/uncategorized/12908/
img01
img02
img03

ユニオンテックが「株式会社アクシス」のオフィスデザインを担当した事例では、時間と場所にとらわれずに働けるABWのデザインを意識してつくられています。フリーアドレスで利用できる執務室や、気軽にコミュニケーションを取れるオープンスペース、一人で集中できる区切られた空間など。また、快適に使用できるように、セキュリティや照明には顔認証システムを採用し、移動する際の手間を省いています。

ヒトカラメディアのオフィスデザイン事例

img01引用元:ヒトカラメディア
https://hitokara.co.jp/portfolio/okan
img02引用元:ヒトカラメディア
https://hitokara.co.jp/portfolio/okan
img03引用元:ヒトカラメディア
https://hitokara.co.jp/portfolio/okan
img01
img02
img03

ヒトカラメディアが「株式会社OKAN」のオフィスデザインを担当した事例では、働く環境を豊かにするための仕掛けづくりを行っています。ライフスタイルを豊かにするために、場所を自由に選択できるABWを導入。18のゾーンに分け、事業内容や増員にもスムーズに対応できる環境を整えました。働く環境に配慮し、視覚や聴覚を刺激できる環境を創造。緑やナチュラルテイストな素材を使用するなど、健康的に使用できるオフィスデザインを導入しています。

MACオフィスのオフィスデザイン事例

img01引用元:MAC OFFICE
https://www.mac-office.co.jp/works/tokyo/5135/
img02引用元:MAC OFFICE
https://www.mac-office.co.jp/works/tokyo/5135/
img03引用元:MAC OFFICE
https://www.mac-office.co.jp/works/tokyo/5135/
img01
img02
img03

株式会社MACオフィスが「東京ガスリノベーション株式会社」のオフィスデザインを担当した事例では、自宅にいるような居心地の良さを追及したデザインを採用しています。働き方の柔軟性を取り入れるとともに、社員に親しみを持ってもらうための空間をコーディネート。ソーシャルディスタンスに気を配った執務室から、Web会議に利用できる会議室、集中できるワーキングスペースにいたるまで、様々なブースを用意しました。馴染む空間づくりを大切にしたため、当初想定していたよりも速く新しい環境に対応できています。

ABW対応のオフィスに
することで期待できること

コロナ禍で多様な働き方が認められるようになり、企業はABWに対応する必要性が浮かび上がって来ました。様々な場所・時間で働けるように、色々な種類のワーキングスペースを設けることが大事です。決められた働き方以外の選択肢が増えることで、社員のストレスを軽減させたり、生産性を上げたりする効果が期待できます。ただし、オフィスデザインをいきなり変更すると馴染むまでに時間がかかるため、馴染めるような空間づくりが大切です。セキュリティ対策もしっかりと講じて、労働環境の改善を図りましょう。下記のオフィスデザインも参考にしてみてくださいね。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選