対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » 真似したくなる大手企業のオフィスデザイン事例 » 東京エレクトロン宮城株式会社

東京エレクトロン宮城株式会社

東京エレクトロン宮城株式会社は、1963年に設立されて以来、半導体製造装置のグローバルリーディングカンパニーとして世界に活躍の場を広げています。ここでは、東京エレクトロン宮城株式会社の本社工場内に設けられた、宮城技術革新センターの特徴を紹介します。これからオフィスを作ろうと考えている企業は、ぜひ参考にしてください。

東京エレクトロン宮城株式会社とは

東京エレクトロン宮城株式会社は、1963年に設立された半導体製造装置のグローバルリーディングカンパニーです。東京エレクトロン宮城で作られている半導体は、PCやスマートフォン、自動車やデータセンターなど…デジタル技術の根幹を支えている存在です。

ダイナミックに、そしてグローバルに広がる業界は、まだまだ発展を続けている中、東京エレクトロン宮城株式会社は、将来の世界を創造して世の中にまだない「半導体製造技術」を生みだしながら、半導体製造装置の技術革新を牽引しています。

半導体製造装置の年間出荷台数は約6,000台(2023年3月末時点)、そして累計では89,000台(2023年6月末時点)を突破しました。特許保有件数も21,645件(2023年3月期時点)とかなりの数です(※)。

社員のやる気重視経営による経営で、性別や国籍・世代を超えて各ポジションで能力を発揮できるように、会社がサポートしています。

※参照元:東京エレクトロン宮城株式会社公式サイト
(https://www.tel.co.jp/corporatesummary/index.html)

東京エレクトロン宮城株式会社の
オフィスデザイン事例

東京エレクトロン宮城株式会社1引用元:TAISEI DESIGN
https://www.taisei-design.jp/de/news/2023/01_01.html
東京エレクトロン宮城株式会社2引用元:TAISEI DESIGN
https://www.taisei-design.jp/de/news/2023/01_01.html
東京エレクトロン宮城株式会社3引用元:TAISEI DESIGN
https://www.taisei-design.jp/de/news/2023/01_01.html
東京エレクトロン宮城株式会社4引用元:TAISEI DESIGN
https://www.tel.co.jp/news/topics/2022/20220901_001.html
東京エレクトロン宮城株式会社の事例
東京エレクトロン宮城株式会社の事例
東京エレクトロン宮城株式会社の事例
東京エレクトロン宮城株式会社の事例

東京エレクトロン宮城株式会社「宮城技術革新センター」は、第35回日経ニューオフィス賞でニューオフィス推進賞を受賞したオフィスです(※)。「LINK(つながる)」というキーワードを軸として、地域社会や自然環境・未来とつながることをコンセプトに設計されています。

デジタル社会への移行による技術革新に伴って、半導体市場は拡大が予想されています。今後、さらなる成長を遂げるために必要な、革新的な技術の創出と生産性向上を目指しています。

内装だけでなく、外観にもこだわっているのが、宮城技術革新センターの特徴です。白い箱から迫り出している木の大庇と透明なガラスは、時代に開かれた工場を象徴しています。県産の南三陸杉で仕上げられた軒も、存在感があります。

1階・2階部分には、新たな技術を創造する共創空間であるイノベーションエリアをせっち。開放的でありながらも、地場の木材を積極的に活用した、温もりの感じられる居心地の良い空間を叶えました。

3階・4階には、明るくて開放的なコミュニケーション空間を中心に、クリエイティブオフィスを設け、柔らかな自然光が降り注ぐ吹き抜け空間を確保。居心地の良さから自然と生まれるコミュニケーションを、空間全体の温かさが活性化させてくれます。

自由な働き方を促すことで、働く人々の生活のリズムを整え、そしてこころとからだの健康に寄与するという目的も担うオフィスです。

※参照元:一般社団法人ニューオフィス推進協会
(https://www.nopa.or.jp/prize/contents/prize/2022/tel.html)

東京エレクトロン宮城株式会社の反応

光が差し込む温かく明るい空間、そして地場の木材を使った温もりは、働く人々の心をホっとさせてくれているようです。吹き抜け広場では従業員同士がコミュニケーションを取り合い、知的生産性の高まりが期待できます。

事例から東京のオフィスデザイン会社を選ぶ

オフィスデザインは、誰がどのような目的で使用するかを考えて決める必要があります。結果や対応力がわかるオフィスデザイン会社を選定しましたので、ぜひチェックしてみてください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

東京のオフィスデザイン会社一覧
から選ぶ

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選