対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » 真似したくなる大手企業のオフィスデザイン事例 » 株式会社ファーストリテイリング

株式会社ファーストリテイリング

ここでは、株式会社ファーストリテイリングのオフィスデザイン事例を紹介します。これからオフィスを作ろうと考えている、社員にとって働きやすいオフィスを作りたいと思っている企業は、ぜひ参考にしてください。

株式会社ファーストリテイリングとは

株式会社ファーストリテイリングは、ユニクロ・GUをはじめとして、日本のみならず世界でも知名度が高い店舗の運営や商品の開発を行っている会社です。「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」という企業理念のもと、様々な事業を展開してきました。

代表するブランドであるユニクロでは、「LifeWear」(究極の普段着)というコンセプトで、素材調達から企画・生産・販売にいたるまで一貫して対応。品質の高い素材や機能性素材を使った商品を、リーズナブルな価格で提供しています。

またもう1つの代表的なブランドであるGUでは、ファッションと低価格のバランスを強みとしています。ますます勢いを増す株式会社ファーストリテイリング。服のインフラとして、世界中のお客様から愛されるNo.1のブランドになることを本気で目指しています。

株式会社ファーストリテイリングのオフィスデザイン事例

株式会社ファーストリテイリング1引用元:WWD
https://www.wwdjapan.com/articles/401124
株式会社ファーストリテイリング2引用元:WWD
https://www.wwdjapan.com/articles/401124
株式会社ファーストリテイリング3引用元:WWD
https://www.wwdjapan.com/articles/401124
株式会社ファーストリテイリング4引用元:WWD
https://www.wwdjapan.com/articles/401124
株式会社ファーストリテイリングの事例
株式会社ファーストリテイリングの事例
株式会社ファーストリテイリングの事例
株式会社ファーストリテイリングの事例

東京湾岸エリアに位置している株式会社ファーストリテイリングのオフィスは、「UNIQLO CITY TOKYO」と呼ばれています。株式会社ファーストリテイリングと株式会社ユニクロと、グローバルヘッドクォーター兼クリエイティブワークスペースとして構築されたオフィスです。

巨大なワンフロアが特徴で、その広さは約5,000坪。世界中から集まるすべての社員が、リアルタイムでつながれるようにフラットな組織をイメージしています。1階から5階部分の半分は物流センター。そして5階の残り半分は陳列やオペレーションのテスト・修正を行う仮想店舗を導入し、ビルの6階部分がオフィスです。MD部・R&D部・企画部・生産部・マーケティング部・商品計画部・営業部・IT部など、さまざまな部をすべて集約させ、高速サプライチェーンを叶えます。

デザイナーは、大規模なワークスペースをエネルギーにあふれた一つの都市に見立てたコンセプトで構築。中央にはストリートと呼ばれる通路を設け、ストリートに沿うように会議室・図書室・カフェ・インフォメーションハブなどの共用空間を設けています。常に人が行き来しやすい状況を作り出し、1,000名以上の社員間で新たな交流や視点がもてるような工夫もされています。

また、企業としての歴史を伝えるギャラリーも設置。企業としての大きな目的を、従業員にもゲストにも自然と伝えられる環境が整っています。

株式会社ファーストリテイリングの反応

今まで分散していたオフィスが集約されることで、各部門が協力し合ってよりスピーディーに業務が行えるようになりました。また会議室はストリート沿いに分散されているため、その都度ストリートに出て移動を行うような工夫で、マネージャーたちも社員とコミュニケーションがとりやすいようです。

事例から東京のオフィスデザイン会社を選ぶ

オフィスデザインは、誰がどのような目的で使用するかを考えて決める必要があります。結果や対応力がわかるオフィスデザイン会社を選定しましたので、ぜひチェックしてみてください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

東京のオフィスデザイン会社一覧
から選ぶ

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選