対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » 真似したくなる大手企業のオフィスデザイン事例 » 株式会社KDDIテクノロジー

株式会社KDDIテクノロジー

ここでは、株式会社KDDIテクノロジーのオフィスデザインの事例を紹介します。オフィスデザインをどのようにしようか悩んでいる、どのようなスペースを設けたら良いのか迷っているという企業は、ぜひ参考にしてください。

株式会社KDDIテクノロジーとは

株式会社KDDIテクノロジーは、1988年に設立された会社です。KDDI株式会社が100%出資をしている子会社で、システム開発や技術コンサルティングを事業内容として展開しています。KDDIグループとして培った技術力とノウハウで、loT・AI・XRといった先進技術を実用化するべく、スピーディーで質の高い調査や検証の技術支援、システム開発、プロダクトの企画・開発・運用などをワンストップで提供しています。

事業内容の詳細は以下の通りです。

株式会社KDDIテクノロジーの
オフィスデザイン事例

株式会社KDDIテクノロジーの事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=979
株式会社KDDIテクノロジーの事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=979
株式会社KDDIテクノロジーの事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=979
株式会社KDDIテクノロジーの事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=979
株式会社KDDIテクノロジーの事例
株式会社KDDIテクノロジーの事例
株式会社KDDIテクノロジーの事例
株式会社KDDIテクノロジーの事例

株式会社KDDIテクノロジーのオフィスは、自らが働く場所を選択し、チームワーク・コラボレーションが叶えられるオフィスです。「自律した組織」「チームワーク」を具現化するデザインで、コンセプトとなったのは「3C」です。

働く場所や用途を自分で選択できる「Choice」

社員同士の動線が交わり、視線が交差することでコミュニケーションを誘発する「Crossover」

社員にとって核となるオフィス「360°INNOVATOR」の拠点となる場でありたいという思いを込めた「Center」

3つのCの頭文字をとって、3Cとしています。

ワークスペースはエリアが分けられており、仕切りではなく床の貼り分けで緩やかにスペースを区切っているため、圧迫感もありません。

「NOHARA」:チークワーク・コラボレーションができる空間としてフレキシブルに使える家具が配置され、まるで芝生を連想するようなグリーンの床が明るい雰囲気です。

「URBAN」:ソロワークや集中作業がしやすいようにモルタルを使用しており、落ち着いたカフェのような雰囲気です。

「BESE WORK」:社員向けと関係会社向けの2カ所設けられています。作業台のあるスペースでは、部屋に壁を設けず金網で仕切っているのが特徴です。工具をかけることができ、作業効率もアップします。

株式会社KDDIテクノロジーの反応

株式会社KDDIテクノロジーのオフィスは、自由に働く場所を選べることで自然とチームワークが生まれ、声を掛け合えるコミュニケーションが誘発されるオフィスです。解放的でありながらも、集中したいときはしっかりと取り組めるようなスペースも確保し、メリハリをつけて仕事ができます。

先進技術を扱う会社として、新たな価値や創造性を生み出しやすい、理想的なオフィス環境です。

事例から東京のオフィスデザイン会社を選ぶ

オフィスデザインは、誰がどのような目的で使用するかを考えて決める必要があります。結果や対応力が分かるオフィスデザイン会社を選定しましたので、ぜひチェックしてみてください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

東京のオフィスデザイン会社一覧
から選ぶ

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選