対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » 真似したくなる大手企業のオフィスデザイン事例 » トヨタカローラ大分株式会社

トヨタカローラ大分株式会社

ここでは、トヨタカローラ大分株式会社のオフィスデザイン事例を紹介しています。働きやすいオフィスを作りたい、移転やリニューアルにあたって良いオフィスデザインはないか探しているという企業は、ぜひ参考にしてください。

トヨタカローラ大分株式会社とは

トヨタカローラ大分株式会社は、新車販売やリース販売、中古車販売や自動車買取、各種保険の取り扱い、携帯電話の販売などを行っています。1965年にトヨタパブリカ大分株式会社として設立し、2006年にはトヨタ自動車U-CAR飛躍賞を受賞。さらに2013年にはトヨタ自動車女性支店活動推進賞受賞、2022年には6年連続大分県トヨタ系販売店シェア率No.1企業となりました。

付加価値を生まない業務をなくして、人の力を使ってお客様に体験していただくことに重点を置いた「みらい販売店プロジェクト」を始動。「社員みんなが幸せになれる・自分らしく働くことができる・地域でいちばん人気がある」を合言葉として、人の力とデジタルのベストミックスによる新しいチャレンジを行い、時代の変化に伴う新たな取り組みを積極的に行っている企業です。

参照元:トヨタカローラ大分株式会社公式サイト
(https://corp.c-oita.co.jp/company/history)

トヨタカローラ大分株式会社のオフィスデザイン事例

トヨタカローラ大分株式会社1引用元:オフィスコム
https://www.officecom.co.jp/case/case_toyotacorolla_oita.html
トヨタカローラ大分株式会社2引用元:オフィスコム
https://www.officecom.co.jp/case/case_toyotacorolla_oita.html
トヨタカローラ大分株式会社3引用元:オフィスコム
https://www.officecom.co.jp/case/case_toyotacorolla_oita.html
トヨタカローラ大分株式会社4引用元:オフィスコム
https://www.officecom.co.jp/case/case_toyotacorolla_oita.html
トヨタカローラ大分株式会社の事例
トヨタカローラ大分株式会社の事例
トヨタカローラ大分株式会社の事例
トヨタカローラ大分株式会社の事例

新車・中古車販売店での新たな試みとして、Webを活用した商談に向け、労働環境を整えるという目的でオフィスレイアウトや内装工事などを決断。ライフスタイルの変化により、商談場所はほとんど店舗だった時代は終わり、Webへと移り替わり、インターネットを介して購入を決断するお客様は増加しています。

店内の天井から床、そして壁紙に至るまで、すべてを一新しました。2つのWeb専用オンライン商談スペースを設け、さらにプロモーションビデオの撮影ブースも新設。集中しやすい空間づくりを意識して、ホワイト・ベージュ・イエローを多く用いることで、心地良さも叶えています。また将来的にオペレーターになると予想される女性社員も使いやすいことや、夜間の商談でも過ごしやすい場所を意識したデザインです。

オペレーターはシフト勤務になるという想定ですが、その際にはリラックスできるようにソファを設置したり、Yogiboを置くようにしたりして、ほっと一息つける空間も確保しています。

トヨタカローラ大分株式会社の反応

新たな試みに挑戦するタイミングでのリノベーションということもあり、今働いている社員が働きやすいと感じられることはもちろんのこと、これから新たに入社してくる新入社員に対しても、こんな風な働き方ができる、こんな風な将来を考えているという会社の持つイメージを紹介できる空間に仕上がったと感じられているようです。

事例から東京のオフィスデザイン会社を選ぶ

オフィスデザインは、誰がどのような目的で使用するかを考えて決める必要があります。結果や対応力がわかるオフィスデザイン会社を選定しましたので、ぜひチェックしてみてください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

東京のオフィスデザイン会社一覧
から選ぶ

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選