対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » 真似したくなる大手企業のオフィスデザイン事例 » 株式会社ドミノ・ピザジャパン

株式会社ドミノ・ピザジャパン

ここでは、株式会社ドミノ・ピザジャパンのオフィスデザインの事例を紹介しています。オフィスデザインで悩んでいる、社員が働きやすい環境を確保するためにどうするべきか知りたい、という企業はぜひ参考にしてください。

株式会社ドミノ・ピザジャパンとは

株式会社ドミノ・ピザジャパンは、日本の宅配ピザ市場を切り開いてきたパイオニア的な存在の企業です。1985年、東京恵比寿にて日本で初めての宅配ピザを始めたのが、ドミノ・ピザだといわれています。世界には18,000店舗を持つブランドで、1枚1枚丁寧に焼き上げながらも、30分以内にお客様にお届けするというスピーディーさを兼ね備え、多くの人に愛されています。3輪スクーターを改造した専用バイクを開発したのも、ドミノ・ピザでした。

またお客様が口にする食品を取り扱う会社として、衛生管理体制が整っているのも、ドミノ・ピザが愛される特徴です。

常にイノベーションに挑み続け、2021年12月には大手宅配ピザチェーンとして初めて全国47都道府県への出店を達成しています。

株式会社ドミノ・ピザジャパンの
オフィスデザイン事例

株式会社ドミノ・ピザジャパンの事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=975
株式会社ドミノ・ピザジャパンの事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=975
株式会社ドミノ・ピザジャパンの事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=975
株式会社ドミノ・ピザジャパンの事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=975
株式会社ドミノ・ピザジャパンの事例
株式会社ドミノ・ピザジャパンの事例
株式会社ドミノ・ピザジャパンの事例
株式会社ドミノ・ピザジャパンの事例

株式会社ドミノ・ピザジャパンのパーパス&ビジョンである「ピザでつながる」をベースとして、オフィスの在り方をイメージ。コンセプトとしたのはイタリア語で家族を意味する「FAMIGLIE」です。家族があつまるように、自然体でありながらも朗らかに。そして変化・成長・継承していく集いの場として機能するようなオフィスです。

内装には、創業当時の街やピザ窯を連想させるブリックタイルを使用。ロゴやデジタルサイネージを点在させています。社員だけでなく、来社するすべての方に向けてブランドの発信ができるようにという工夫です。

床全体に取り入れたグリーンは、本社のあるアメリカのミシガン州のイメージで取り入れたカラー。都会のオフィスの中でも、自然を感じられます。

エントランスを入るとすぐにあるコワーキングエリアでは、フランチャイジーともコミュニケーションがとりやすいのが特徴です。社員が仕事を行うワークスペースは、ソロワークエリアとチームワークエリアが混在させたハイブリットオフィスで、フレキシブルな働き方が叶えられます。人数や使用方法の変化にも、対応可能です。

またプロジェクトごとに集中してディスカッションできるプロジェクトルームも複数設けられています。

株式会社ドミノ・ピザジャパンが社員にとって第二の我が家であるように、という願いをこめてデザインされているオフィスです。

株式会社ドミノ・ピザジャパンの反応

株式会社ドミノ・ピザジャパンは、海外のドミノ・ピザに劣らない環境と空間を用意することを目標とし、社内でも移転プロジェクト発足に向け、事前の社内アンケートの実施や要望をまとめるなどして、社員の意見を取り入れたオフィスレイアウトを完成させました。

ドミノ・ピザジャパンで働いているという意識を1人ひとりが持ちながら自分らしく働ける環境です。

事例から東京のオフィスデザイン会社を選ぶ

オフィスデザインは、誰がどのような目的で使用するかを考えて決める必要があります。結果や対応力が分かるオフィスデザイン会社を選定しましたので、ぜひチェックしてみてください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

東京のオフィスデザイン会社一覧
から選ぶ

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選