対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » オフィスデザイン事例を場所・業種・要望・目的から探す » 【目的】社員のモチベーションが上がる
オフィスのデザイン事例

【目的】社員のモチベーションが上がる
オフィスのデザイン事例

オフィスデザインは面白みに欠けるとモチベーションが向上しにくく、かといって奇抜過ぎても使いづらくなります。ここでは、モチベーションが上がるオフィスデザインの事例を紹介していきます。社員が働きたくなるオフィスにするにはどうすればいいのか解説しているので、オフィスデザインを決める際に参考にしてみてください。

ヒトカラメディアのオフィスデザイン事例

img01引用元:hitokaramedia
https://hitokara.co.jp/portfolio/acro
img02引用元:hitokaramedia
https://hitokara.co.jp/portfolio/acro
img03引用元:hitokaramedia
https://hitokara.co.jp/portfolio/acro
img01
img02
img03

株式会社ヒトカラメディアが「株式会社ACRO」のオフィスデザインを行った事例では、社員のモチベーションを高めるために、カッコよく働けるオフィスデザインを企画しました。社員の意見に耳を傾けて、時代の美を創る空間をつくりあげています。コロナ禍でリモートワークが浸透したため、従来のようにたくさんの拠点が必要なくなり、1拠点2フロアに縮小しても広々と利用できるように。拠点がバラバラになっていた各ブランド社員が同フロアで働くことにより、社員同士が刺激を受ける空間が生まれました。

リリカラのオフィスデザイン事例

img01引用元:リリカラ
https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/1056
img02引用元:リリカラ
https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/1056
img03引用元:リリカラ
https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/1056
img01
img02
img03

リリカラが通信販売会社のオフィスデザインを担当した事例では、従業員のためのハッピーなオフィスをコンセプトにデザインを仕上げています。昼食時にしか利用されないリフレッシュスペースは、人が集まって利用できるカフェや卓球台を配置し、誰もが気兼ねなく気軽に利用できる場に生まれ変わらせました。また、一人用のソファを置いて単独利用を促したり、大きめのテーブルを置いてグループ会議に利用したりと、社内交流の活性化の場として役立てられています。

ユニオンテックのオフィスデザイン事例

img01引用元:ユニオンテック
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/10833/
img02引用元:ユニオンテック
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/10833/
img03引用元:ユニオンテック
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/10833/
img01
img02
img03

ユニオンテックが「株式会社アクシス Innovation Base」のオフィスデザインを担当した事例では、コミュニケーションの活性化のために、ゾーニングしたデザインを採用しています。感性を刺激し創造性を高めるオフィスにすべく、フリーアドレスで仕事できる環境を用意。部署間を超えてコミュニケーションを取りながら作業ができるので、社員のモチベーションを高められます。ディスカッションの場を増やすことで、円滑な業務推進を手助けする役目を果たしています。

コミュニケーション活性化のために
オフィスデザインに期待できること

社員のモチベーションを高めるには、コミュニケーションを活性化するオフィスデザインにすることが大切です。チーム内で話せる場、部署の垣根を超えて話せる場があれば、社員が互いに刺激し合えるため、やる気を引き出しやすい環境が整います。また、誰もが気軽に声をかけられる空間にすることで、社員同士で疑問をぶつけやすくなり、業務を円滑に進められる効果も期待できます。ただし、集中できる環境も別途用意しなければ、他のグループのミーティング内容が気になって作業が進まない社員が出てくるリスクがあるでしょう。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選