対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » 真似したくなる大手企業のオフィスデザイン事例 » ハウス食品株式会社

ハウス食品株式会社

ここでは、ハウス食品株式会社のオフィスデザインの事例を紹介しています。オフィスデザインで悩んでいる企業、レイアウトを決めかねている企業はぜひ参考にしてください。

ハウス食品株式会社とは

ハウス食品株式会社は、よりおいしく、より簡便に、より健康に、を約束として掲げ、ココロまで豊かになる製品を作り続けています。手掛けている食品・商品は多岐にわたります。以下がハウス食品の商品グループです。

香辛食品類

カレールウグループ

カレーのトップメーカーとして、オリジナリティの溢れるおいしいカレーを作っています。食べる人の好みに合わせ、さまざまな辛さのバリエーションを用意。幅広い年代に愛され、ハウス食品の中でもルウカレーは看板商品です。

スパイス&シーズニンググループ

素材を生かしながら、より本格的な家庭料理を楽しむときに欠かせないスパイスを開発しています。ハウスブランドだけでなく、プロも認めるGABAN®ブランドのラインナップで、お客様の幅広いニーズに応えています。

加工食品類

コンビニエンスフーズグループ

調理に時間をかけられない、手軽においしい料理が作りたいという方のために、本格的なおいしさを手軽に利用できるようにした商品を提供しています。

ラーメン&麺グループ

地域の特色を生かした商品を通じ、ラーメンの美味しさをご家庭に届けます。自分で肉や野菜などをいろいろな具を合わせることで、より一層豊かな美味しさが叶えられます。

調理済食品類

レトルトフーズグループ

上質の素材を使って作られたレトルト食品は、開封しなければ常温で長期間保存でき、使い勝手の良い商品です。保存料や殺菌料を使用しておらず、健康にも配慮しています。

スナック類

ホームデザートグループ

家庭で手軽に作って楽しめるホームデザートを数多く取り揃えています。

スナック&菓子グループ

気の合う仲間が集まる場所で、ティータイムやアウトドアでなど…いつでもどこでも大活躍するスナックを提供しています。

ハウス食品株式会社のオフィスデザイン事例

ハウス食品株式会社の事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=942
ハウス食品株式会社の事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=942
ハウス食品株式会社の事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=942
ハウス食品株式会社の事例引用元:vis
https://vis-produce.com/work/page/index.php?id=942
ハウス食品株式会社の事例
ハウス食品株式会社の事例
ハウス食品株式会社の事例
ハウス食品株式会社の事例

ハウス食品では、働き方の自由度が高い会社です。フレックスタイム制、テレワーク、サテライトオフィスの利用などが可能となり、社員の働き方も多様化しました。コロナ渦となったことで働き方改革も進み、オフィス所在地の見直しやレイアウト効率化を目的とした移転を行い、出社して働きたくなるオフィスを目指した事例です。

レイアウトで重視したのは、以前のオフィスにはなかった「自らが場を選択して働くことができるエリア」を設けることです。その日の仕事の内容に合わせて好きなように場所を選べるようにしたことで、業務も効率化。

デザイン面に関しては、エントランスは信頼や清潔感を表しています。さらに執務エリアはアースカラーでまとめられており、長い間過ごしていてもほっとできる、居心地の良い空間を叶えています。全体的にシンプルなデザインであり、ハウス食品のブランドコンセプトを大事にしたオフィスが完成しました。

ハウス食品株式会社の反応

働きやすくなったオフィスでは、どこでも働ける環境が社員からも人気があります。居心地が良いオフィスであれば、みんなが通いたくなる、そしてみんなで一緒に働きたくなる、という環境が手に入り、社員たちのモチベーションアップにつながるでしょう。

事例から東京のオフィスデザイン会社を選ぶ

オフィスデザインは、誰がどのような目的で使用するかを考えて決める必要があります。結果や対応力がわかるオフィスデザイン会社を選定しましたので、ぜひチェックしてみてください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

東京のオフィスデザイン会社一覧
から選ぶ

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選