対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » オフィスデザイン事例を場所・業種・要望・目的から探す » 【業種】外資系企業の
オフィスデザイン事例

【業種】外資系企業の
オフィスデザイン事例

外資系企業のオフィスデザインはグローバルに活躍する社風をデザインに取り入れるのがポイントです。また外資系企業の”Up or Out”というイメージは少なくなり、社員がリラックスできるデザインが増えています。ここでは外資系企業におけるオフィスデザイン事例3つをご紹介します。

ユニオンテックが手掛けるオフィスデザイン事例

DCMベンチャーズの外資系企業の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/uncategorized/12848/
DCMベンチャーズの外資系企業の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/uncategorized/12848/
DCMベンチャーズの外資系企業の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/uncategorized/12848/
DCMベンチャーズの外資系企業の事例
DCMベンチャーズの外資系企業の事例
DCMベンチャーズの外資系企業の事例

グローバルな投資活動を行っているベンチャーキャピタル「DCMベンチャーズ」のオフィス移転事例です。「DCMベンチャーズ」は、ITソフトウェア&サービス等の業界のSeed、Early、Midステージのスタートアップに投資するベンチャーキャピタル。全体をブラウンやグレーを基調とした落ち着いたトーンでまとめることで、実績と信頼を表現。”訪れた人々が期待と自信を感じられる”というDCM像を体現するようなオフィス空間であることを大切にしています。

アーバンプランが手掛けるオフィスデザイン事例

グループエム・ジャパン株式会社のエントランス事例引用元:アーバンプラン公式HP
https://urban-plan.com/works/groupm.html
グループエム・ジャパン株式会社のエントランス事例引用元:アーバンプラン公式HP
https://urban-plan.com/works/groupm.html
グループエム・ジャパン株式会社のエントランス事例引用元:アーバンプラン公式HP
https://urban-plan.com/works/groupm.html
グループエム・ジャパン株式会社のエントランス事例
グループエム・ジャパン株式会社のエントランス事例
グループエム・ジャパン株式会社のエントランス事例

世界107ヶ国に展開する大手の広告会社WPPグループの一員として、世界をリードしメディアに特化した事業を行うグローバルカンパニー「ループエム・ジャパン株式会社」のオフィスデザイン事例です。元々はグループごとに壁で仕切っていたオフィスを、改装によりワンフロアの空間としました。外資系企業の“Up or Out”というイメージとは違い、目標は社員を中心とした組織づくり。廊下側に会議室を設け、窓際には低めのキャビネットやOA機器をまとめ、広々とした執務空間を確保。グローバルに活躍する社風を内装デザインで表現。例えばラウンジエリアの壁面には、巨大な塗り絵アートを掲げました。

リリカラが手掛けるオフィスデザイン事例

ソノヴァ・ジャパン株式会社のエントランス事例引用元:リリカラ公式HP
https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/856
ソノヴァ・ジャパン株式会社のエントランス事例引用元:リリカラ公式HP
https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/856
ソノヴァ・ジャパン株式会社のエントランス事例引用元:リリカラ公式HP
https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/856
ソノヴァ・ジャパン株式会社のエントランス事例
ソノヴァ・ジャパン株式会社のエントランス事例
ソノヴァ・ジャパン株式会社のエントランス事例

ソノヴァ・ジャパン株式会社のオフィスデザイン事例です。同社は創業以来、聞こえに困難のある方とその周囲の方々に対し、「自由で豊かなコミュニケーションを作り上げる事業」を展開してきました。スイス シュテファに本社を置き、包括的な聴覚ケアを提供するリーディングカンパニーです。オフィス移転で解決したい問題点は「生産性向上」。エントランスは「透明感」「信頼」「先進性」を表現。社長室をガラスで仕切ることで、社員の様子が一目でわかるようにしました。社員からも社長室の様子が見えます。木目を基調としたリフレッシュルームでは、食事や休憩だけでなく、リラックスした状態での打ち合わせも可能です。

外資系企業のオフィスデザインを
変えることで期待できること

グローバルな社風をオフィスデザインに取り入れることで、内外に会社の姿勢やビジョンをアピールできます。コーポレートカラーを基調にすれば、各国にあるオフィスにお客様が足を運んだ際に、どこに行ってもその会社らしさを感じてもらえます。また壁を取り払うなど開放的で透明性のある空間を作ることで、社員のコミュニケーションの活性化が期待できるでしょう。おしゃれなオフィスには自然と人が集まるので、偶発的な会話やアイデアが生まれやすくなります。

グローバルなオフィスデザインを取り入れて垣根のない社風を内外にアピールしたい方には、オフィスデザインのプロに依頼することをおすすめします。オフィスデザインに関する専門知識がないと、自社の問題を解決できるオフィスデザインにならない可能性があるからです。

とは言えたくさんある東京のオフィスデザイン会社から自社に合った1社を見つけるのは難しいですよね。そこでオフィス移転を経験したことがあるZenken編集チームが、対応力と結果が分かる創業20年以上のオフィスデザイン会社を厳選して紹介します。オフィス移転をお考えの方はぜひTOPページもご覧ください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選