対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » オフィスデザイン事例を場所・業種・要望・目的から探す » 【業種】不動産のオフィスデザイン事例

【業種】不動産のオフィスデザイン事例

不動産のオフィスデザインは人と人をつなぐ、街と街をつなぐデザインにすることで、温かみのあるイメージに仕上がります。ここでは不動産会社のオフィスデザイン事例3つをご紹介します。

ユニオンテックが手掛けるオフィスデザイン事例

野村不動産株式会社( H1T ) の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/13010/
野村不動産株式会社( H1T ) の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/13010/
野村不動産株式会社( H1T ) の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/13010/
野村不動産株式会社( H1T ) の事例
野村不動産株式会社( H1T ) の事例
野村不動産株式会社( H1T ) の事例

野村不動産株式会社が運営するシェアオフィス「H1T 武蔵小杉店」を、アイリスチトセ株式会社との協業で計画した事例。エントランスの天井を低くすることで、エントランスをトンネルのように抜けると、上質なラウンジが視界に広がります。贅沢な広さのラグジュアリーなラウンジは、自然と利用者のコミュニケーションを促進し、働く人のためのクリエイティブな自由スペースとなっています。またアイリスチトセの有するソロブースやインタラクティブボード、サーマルカメラ、そして空気清浄機などの時代にしっかりとフィットしたソリューションの数々を導入することで、新しいH1Tが生まれました。

TRUST(トラスト)が手掛けるオフィスデザイン事例

小田急不動産 町田店の事例引用元:TRUST公式HP
https://ideal-office.jp/works/5759
小田急不動産 町田店の事例引用元:TRUST公式HP
https://ideal-office.jp/works/5759
小田急不動産 町田店の事例引用元:TRUST公式HP
https://ideal-office.jp/works/5759
小田急不動産 町田店の事例
小田急不動産 町田店の事例
小田急不動産 町田店の事例

小田急不動産・町田店の事です。「この街を愛し、ここにしかない人生の景色を描く」という小田急不動産、仲介営業部の理念に基づき「不動産をつなぐ場」から「人や土地のストーリーをつなぐ場へ」という新たな店舗コンセプトを定めた1号店です。シンボルマークの樹木を中心に、円形ソファを中央に配置することで、くつろぎのある空間を演出しました。エントランスには、町田市にまつわる書籍を紹介する「この街ライブラリー」や、おすすめスポットや暮らしの写真を掲示するフォトコーナーを設置。壁面は木目の有機的な曲線、岩を模した多面体のアートスペース、不動産パネルの背景には水の流れを感じさせるガラスフィルムなどをデザインし、町田市の豊かな自然をイメージできる空間にしました。執務室には、3つの会議室を連結させられるスライドパーテーションの設置や、省スペース化に繋がるキャビネットの選定など、細かな機能面を充実。爽やかで癒されるあたたかなオフィスに生まれ変わりました。

オフィスコムが手掛けるオフィスデザイン事例

株式会社建昇の事例引用元:オフィスコム公式HP
https://www.officecom.co.jp/case/case_ken-sho.html
株式会社建昇の事例引用元:オフィスコム公式HP
https://www.officecom.co.jp/case/case_ken-sho.html
株式会社建昇の事例引用元:オフィスコム公式HP
https://www.officecom.co.jp/case/case_ken-sho.html
株式会社建昇の事例
株式会社建昇の事例
株式会社建昇の事例

株式会社建昇のレンタルオフィスの施工事例。レンタルオフィスは、働き方の見直しにより注目度が高まっています。エントランスはシンプルながらも素材が際立つ空間に仕上げており、レンガ調の壁面とガラスにプリントされた案内板が印象的です。各個室は、作業に集中できるようシンプルな内装で統一しています。利用者の使い勝手を最優先に、天然素材を活かした温かみを感じられるレンタルオフィスに仕上がりました。

不動産のオフィスデザインを
変えることで期待できること

人と人をつなぐ、街と街をつなぐデザインにすることで、温かみのあるイメージになります。デザインの一環としてその街に関する書籍やおすすめスポットをさりげなく紹介すれば、お客様は自然と親近感を抱くでしょう。また働きやすい機能的なオフィスは、社員の士気を高めてくれます。

機能的で温かみのあるオフィスデザインを取り入れたい方には、オフィスデザインのプロに依頼することをおすすめします。オフィスデザインに関する専門知識がないと、自社の問題を解決できるオフィスデザインにならない可能性があるからです。

とは言えたくさんある東京のオフィスデザイン会社から自社に合った1社を見つけるのは難しいですよね。そこでオフィス移転を経験したことがあるZenken編集チームが、対応力と結果が分かる創業20年以上のオフィスデザイン会社を厳選して紹介します。オフィス移転をお考えの方はぜひTOPページもご覧ください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選