対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » 真似したくなる大手企業のオフィスデザイン事例 » LINE株式会社

LINE株式会社

ここでは、LINE株式会社のオフィスデザインの事例を紹介していきます。作業効率をアップさせるにはどのようなオフィスデザインを取り入れるべきか、頭を抱えている企業はぜひ参考にしてみてくださいね。

LINE株式会社とは

LINE株式会社は、コミュニケーションアプリ「LINE」を提供している会社の日本法人です。親会社は韓国の「NAVER」。2010年までは日本国内でも検索サービス「NAVER JAPAN」を主軸としていましたが、2010年の年末からはメッセージングと写真共有サービスの開発に踏み切り、2011年6月23日に「LINE」をリリースしています。

LINE株式会社のオフィスデザイン事例

ラインオフィスデザインの事例引用元:TECHNOS
https://www.technos-info.com/l-office
ラインオフィスデザインの事例引用元:TECHNOS
https://www.technos-info.com/l-office
ラインオフィスデザインの事例引用元:TECHNOS
https://www.technos-info.com/l-office
ラインオフィスデザインの事例
ラインオフィスデザインの事例
ラインオフィスデザインの事例

LINE株式会社では、みんなでオフィスを作り上げることに力を入れています。社員の意見を拾い上げた結果、会議室を要望する声が多かったため、みんなが集まって話し合える場を多く設けました。話し合う場は会議室ではいけないという固定概念を捨て、オープンスペースやカフェに話し合える場をたくさん設けています。実際に受付やカフェにはテーブルや椅子がたくさん設置され、誰もが気軽に話せる場を生み出すことを実現しました。

LINE株式会社の反応

LINE株式会社では、アンケートをもとに社員の声を反映させつつ事実を解釈し編集することを大切にしています。一人ひとりの要望を拾いあげていると収拾がつかず、意見が反映されなかった人から不満が生じる恐れも。そこで、LINE株式会社では、○・×の二択で応えられるアンケートを実施しました。社員の声に耳を傾けて会議室を要望する声から、話し合う場を設けたことで、設置後は会議室よりもモニターで話せる場を増やした方が良いとプラスに捉える社員が増えています。

事例から東京のオフィスデザイン会社を選ぶ

オフィスデザインは、作業効率を高めるには欠かせないもの。とはいえ、全員の意見を組んでいては収拾がつかなくなります。デザインを採用するときは、社員が本当に臨んでいるものを考え、厳選して意見を取り入れることが大切です。結果や対応力が分かるオフィスデザイン会社を選定しましたので、ぜひチェックしてみてください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選