対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » オフィスデザイン事例を場所・業種・要望・目的から探す » 【要望】映画のようなテーマ性のある
オフィスのデザイン事例

【要望】映画のようなテーマ性のある
オフィスのデザイン事例

映画のようなテーマ性のあるオフィスは魅力的で、社員は自然とテンションが上がり仕事への意欲も増すでしょう。ここでは映画のようなテーマ性のあるオフィスのデザイン事例3つをご紹介します。

ユニオンテックのオフィスデザイン事例

ネットギアジャパン合同会社の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/5941/
ネットギアジャパン合同会社の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/5941/
ネットギアジャパン合同会社の事例引用元:ユニオンテック公式HP
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/5941/
ネットギアジャパン合同会社の事例
ネットギアジャパン合同会社の事例
ネットギアジャパン合同会社の事例

アメリカに本社があるコンピュータネットワーク機器などのハードウェアを製造販売する「ネットギアジャパン合同会社」のショールーム兼オフィスのデザイン事例。コンセプトカラーは同社のイメージカラーでもある黒。人と物をつなぐショールーム、人と人をつなぐコミュニケーションエリアからなるオフィスを表現しました。ショールームスペースでは、製品をアピールするゲーミング製品展示スペース、ホーム製品展示スペース、オフィス製品展示スペースを設けています。一際目を引くゲーミング製品展示スペースはゲーム用集中ブースになっており、近未来的なイメージを具現化しています。アクセントとして木やグリーンも取り入れ、バランスの取れたオフィスデザインになりました。

TRUSTのオフィスデザイン事例

株式会社オーガスタの事例引用元:TRUST公式HP
https://ideal-office.jp/works/654
株式会社オーガスタの事例引用元:TRUST公式HP
https://ideal-office.jp/works/654
株式会社オーガスタの事例引用元:TRUST公式HP
https://ideal-office.jp/works/654
株式会社オーガスタの事例
株式会社オーガスタの事例
株式会社オーガスタの事例

コンサート・イベント運営アルバイトの派遣事業を展開する「株式会社オーガスタ」のオフィスデザイン事例。『隠れ家のような、ワクワク感』がテーマで、海外のドラマに出てくるようなインダストリアルテイストのデザインにすることで、これから始まる仕事に楽しみや期待感を抱けるような空間にしました。また多くのアルバイト希望の方が説明会に参加できるように、広々としたセミナールームやリラックスできるソファ席をご用意しました。

コスモスモアのオフィスデザイン事例

SHE株式会社の事例引用元:コスモスモア公式HP
https://www.cosmosmore.co.jp/project/works129
SHE株式会社の事例引用元:コスモスモア公式HP
https://www.cosmosmore.co.jp/project/works129
SHE株式会社の事例引用元:コスモスモア公式HP
https://www.cosmosmore.co.jp/project/works129
SHE株式会社の事例
SHE株式会社の事例
SHE株式会社の事例

ミレニアル世代の女性をターゲットにキャリア&ライフコーチングサービスを行うSHEのデザイン事例です。テーマは『MAKE GRADATION』。エントランス正面は白を基調としたシンプルなデザインに、丸みを帯びた形状の家具や真鍮素材をアクセントに設置。柔らかなイメージを演出しています。エントランス横のメッセージウォールでは、同社のコンセプトを常に認識できます。メインスペースでは約90人規模のセミナーを開催することが可能。什器をすべて可動のものとすることで、通常はコワーキングスペースとして使用できます。

映画のようなテーマ性のある
オフィスデザインで期待できること

まるで映画のようなドラマチックなオフィスは、自然と社員のテンションやモチベーションがアップ。これから始まる仕事にワクワク感や期待を感じられ、その結果企業の生産性向上が期待できます。

映画のようなテーマ性のあるオフィスデザインに変えたい方には、オフィスデザインのプロに依頼することをおすすめします。オフィスデザインに関する専門知識がないと、自社の問題を解決できるオフィスデザインにならない可能性があるからです。

とは言えたくさんある東京のオフィスデザイン会社から自社に合った1社を見つけるのは難しいですよね。そこでオフィス移転を経験したことがあるZenken編集チームが、対応力や結果が分かる創業20年以上のオフィスデザイン会社を厳選して紹介します。オフィス移転をお考えの方はぜひTOPページもご覧ください。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選