対応力の高さが分かる“東京オフィスデザインストーリー” » オフィスデザイン事例を場所・業種・要望・目的から探す » 【目的】憧れの対象になる採用に強い
オフィスのデザイン事例

【目的】憧れの対象になる採用に強い
オフィスのデザイン事例

求職者に対して説明会やイベントを行っても、内定辞退者が多いと困ってはいませんか。内定辞退率を下げるためには、求職者が憧れるオフィスデザインを取り入れることが大切です。思わず働きたくなる、採用に強いオフィスデザインを取り入れてみましょう。ここでは、採用に強いオフィスデザインの事例を紹介していきます。

ユニオンテックが手掛けるオフィスデザイン事例

img01引用元:ユニオンテック
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/10740/
img02引用元:ユニオンテック
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/10740/
img03引用元:ユニオンテック
https://www.ut-space.jp/office/portfolio/10740/
img01
img02
img03

ユニオンテックが「FANTAS technology株式会社」のオフィスデザインを担当した事例では、会社の世界観を表現できるデザインを採用しています。女性客が多いことから、カフェやイベントスペースは温かみのある空間に。ナチュラルテイストに、ステンレスやガラスを上手く組み合せて、洗練されながらも心地よい空間に仕上がりました。来訪した女性客が憧れて働きたくなるオフィスデザインとなっています。

TRUSTのオフィスデザイン事例

img01引用元:TRUST
https://ideal-office.jp/works/3165
img02引用元:TRUST
https://ideal-office.jp/works/3165
img03引用元:TRUST
https://ideal-office.jp/works/3165
img01
img02
img03

TRUST が「ナレッジスイート株式会社」のオフィスデザインを担当した事例では、魅せるオフィスをコンセプトにデザインをつくりあげています。求職者に対して社風や魅力を伝えるために、第一印象を左右するエントランスには誠実さや信頼感といった印象を与えるホテルライクなデザインを採用。実際に面接や説明を行う会議室は、疲れにくいハイカウンターを設けるなど、細部までこだわって仕上げています。働いた時のイメージが想像しやすく、憧れの対象となる空間を創造しました。

コスモスモアのオフィスデザイン事例

img01引用元:コスモスモア
https://www.cosmosmore.co.jp/project/works159
img02引用元:コスモスモア
https://www.cosmosmore.co.jp/project/works159
img03引用元:コスモスモア
https://www.cosmosmore.co.jp/project/works159
img01
img02
img03

コスモスモアが「エスビー食品株式会社」のオフィスデザインを担当した事例では、企業理念が伝わりやすいデザインを追及しています。「食卓に、自然としあわせを。」という企業理念をもとに、幸せな食体験を実現できる食堂につくりかえました。自社で取り扱う食材をディスプレイできるデザインに仕上げて、エスビー食品らしさを前面に押し出しています。イベントにも利用できるビッグテーブルを配置したことで、求職者に対するイベント利用も可能になりました。

オフィスを憧れの対象となる
空間に変えると期待できること

オフィスデザインを憧れの対象になるデザインに変えることで、求職者が自社で働くイメージを想像しやすくなります。憧れの対象となるデザインにするためには、社風や企業理念を伝えやすいオフィスデザインを採用することが大事です。また、イベントや説明会への利用を考えて、大人数にも対応できるテーブルや家具を導入しておく必要があります。下記のオフィスデザインを参考にして、自社の魅力を余すところなく伝えられるデザインを取り入れて、採用に強い企業を目指しませんか。

事例から選ぶ
東京のオフィスデザイン会社3選

業界に20年以上携わる
東京のオフィスデザイン会社を
事例の特徴から選ぶ
2022.3.25時点、Google検索※をした際に上位表示されているオフィスデザイン会社71社のうち、「公式HPで「お客様の声」を公開していて「デザインの意図・結果がわかる」状態&創業20年以上の「業界に長く携わって実績を積んできたことがわかる」3社をピックアップ。当サイトを運営するZenkenk編集チームが各社の事例を分析し、特徴的だと感じた「依頼者からの評価」とオフィスデザイン会社としての強みをご紹介します。
ユニオンテック
ユニオンテック
画像引用元:ユニオンテック公式HP
(https://www.ut-space.jp/office/portfolio/12648/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
ユニオンテックの
提案は
課題解決力が違う
編集チームが分析する
ユニオンテックの強み
対応の「本気度」で顧客の心を掴み、2021年度(最新)のニューオフィス賞を受賞した実績を持つ会社です。

ユニオンテックの
公式HPをチェック

ユニオンテック公式HPで
本気度がわかる事例を見る

リリカラ
リリカラ
画像引用元:リリカラ公式HP
(https://www.lilycolor.co.jp/ss/works/2185)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
リリカラの提案は
安定感がある
編集チームが分析する
リリカラの強み
1968年からこれまで3万件以上の実績(2022年5月時点)を積んできた、安定感のある老舗のオフィスデザイン会社です。

リリカラの
公式HPをチェック

リリカラ公式HPで
安定感がわかる事例を見る

エイケー
エイケー
画像引用元:エイケー公式HP
(https://www.ak-co.jp/project/2044/)
依頼者の評価から分かった
この会社の特徴
エイケーの提案は
遊び心がある
編集チームが分析する
エイケーの強み
国内のみならず世界にもオフィスを展開し、培ってきたノウハウと遊び心をデザインで再現できる会社です。

エイケーの
公式HPをチェック

エイケー公式HPで
遊び心のある事例を見る

※企業選定基準補足
2022.3.25時点のGoogle検索10P、アイミツ(https://imitsu.jp/list/office-relocation/tokyo/)、しょくばデザインにて詳細な記載がある企業(https://shokuba-design.jp/tokyo/)、QEEE(https://qeee.jp/magazine/articles/19499)、比較サイト(https://officedesign-tokyo.com/)から「オフィスデザインに対応している会社」を選定。

【事例の特徴別】東京のオフィスデザイン会社3選